×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『緋弾のアリアAA』心も体も頑丈すぎるドジっ子!憧れの学園最強Sランク武偵、アリア先輩と戦姉妹になる!新生凸凹コンビが織り成すアクション&日常コメディー~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『東京武偵高校』メンバー紹介


神崎・H・アリア(かんざき・ホームズ・アリア)- 釘宮理恵

■「双剣双銃(カドラ)のアリア」
専門科目は強襲科でランクはS。チーム「バスカービル」の副リーダーで、キンジのパートナー。
後にシャーロックから「緋弾のアリア(Aria the Scarlet Ammo)」の二つ名を継承する。
戦姉妹は間宮あかり。
好物はももまん。
英国の名探偵シャーロック・ホームズの曾孫にあたる。
裏理子からはホームズのフランス語読みである「オルメス」と呼ばれていた。

ピンクのツインテールに小学生のような体型で、赤紫(カメリア)色の瞳を持つ人形のように愛らしい美少女。
額もチャームポイントであったが、「武偵殺し」のバスジャック事件でキンジを庇い一生残る傷を負ってからは前髪で隠すようになった。
性格はわがままかつ直情的、考えなしに事件に首を突っ込む気があり、他人の意見はほぼ無視して我を通そうとする。
友人はおらず、クラスでは自分と似た立場にあるレキと友達として一緒にいることが多かった。

秘密結社「イ・ウー」に被せられた母親の冤罪を晴らすため、組織の人間を逮捕して裁判で証言させることを目的に行動している。
狙った相手を99回連続、かつ武偵法の範囲内で全員捕まえ、その間1度も犯罪者を逃がしたことがない。

ホームズの子孫には鋭い直感と優れた推理力が備わっていたが、アリアには直感だけしか遺伝しなかったため、ホームズ家からは落ちこぼれの烙印を押され冷遇されている。
戦闘では「双剣双銃」の二つ名通り、二丁拳銃と小太刀二刀流を使いこなす。



間宮 あかり(まみや あかり)- 佐倉綾音

■アリア以上の低身長・幼児体型
専門科目は強襲科でランクはE→D。
上級生の中でも随一の実力を持つアリアに心酔とも言えるレベルで憧れており、彼女のパートナーになることを夢見ている。
武偵としての力量は同学年でも最下位に近いが、「アリアの隣にいたい」という信念は意地でも通すほど頑固。
それを見たアリアから課されたテストをクリアし、晴れて戦妹になる。

普段は少しドジで抜けた所があるが、一度決めたことは必ず貫き通す意志の強さと粘り強さ、小柄で華奢な体躯に似合わないタフさを持ち合わせており、その辺りはアリアから高く評価されている。
アリアが自身のパートナーと定めたキンジに対しては一方的な嫉妬心を抱き、嫌っている。
実は公儀隠密の家系である間宮一族の本家「暁座」の出身で、人々を守るための術として一族秘伝の暗殺術を母から学んでいた。
2年前その術を求めたイ・ウーの襲撃を受け一族は離散し、妹のののかと共に暮らしている。
武偵高に入ったのは母の教えを守るためだったが、殺人を前提とした間宮の術は武偵法に抵触するため使えず、加えて学業の成績も良くないため、低ランクに甘んじている。
ひかり曰く本家にたまに出る同性カリスマ、天然物の「女人望」であり、それもあってか彼女に惹き付けられる女生徒は多い。
携帯している武器はマイクロUZIとタクティカルナイフ。



佐々木 志乃(ささき しの)- 茅野愛衣

■武装検事の父を持つお嬢様
あかりのクラスメイトで、専門科目は探偵科。
佐々木小次郎の末裔。
自宅には宮本武蔵の末裔である双子のメイドがいる。
普段はお淑やかで礼儀正しい大和撫子だが、初めての友人であるあかりのことを密かに溺愛しているヤンデレであり、その想いのあまり行き過ぎた行動に出てしまうなど、あかりが絡んだ途端に変質・変態的になるのが玉にキズ。
あかりが心酔しているアリアに対して強い嫉妬・敵愾心を抱いている。

携帯している武器は柄を洋風にした刀と、長刀「物干し竿」。
佐々木家に伝わる「巌流」という居合斬りを主体とした剣術を習得しており、鞘無しで行う最速の居合「燕返し」と、数メートルの距離を一瞬で詰めてから行う居合斬り「飛燕返し」を使う。



火野 ライカ(ひの ライカ)- M・A・O

■オカルト女子
専門科目は強襲科でランクはB。あかりの男勝りなクラスメイト。
髪型はポニーテールで、コウモリ型の髪飾りを着けている。

アメリカで活動する武偵ヒノ・バットを父に持つハーフ。
CQCが得意で、身体能力、視力・聴力も共に良く、そういった腕っ節の強さや男勝りな性格から、周囲からは「男女」と呼ばれており、本人も認めている。
すれ違った理子を女らしいと憧れたり、部屋にこっそり少女マンガを隠し持っていたり、可愛らしい少女人形を愛でる趣味があることから「女の子らしくなりたい」と思っている節がある。

あかり達5人の中では良識的かつしっかり者な方で、あかりの天然ボケに突っ込んだり、志乃のあかりに対する行き過ぎた好意に呆れるなど、突っ込み役に回ることが多い。
一番の苦労人でもあり、持ち前の短気さや血の気の多さが災いして不遇な目に遭うことも少なくない。
金銭的に逼迫している様子は見受けられないが守銭奴な一面があり、「京菱アームサプライ倉庫物流」という武器庫で武器の運搬・整理のバイトをしている。

王子様タイプの戦姉を求めていた麒麟に見初められ、当初は「戦妹にして欲しい」と纏わりついてくる彼女を鬱陶しがって邪険にするも、内心では自身も麒麟の女子らしさに憧れていたことから、戦姉妹契約をかけた勝負で敢えて麒麟に敗れ契約。
麒麟の戦姉となる。麒麟と戦姉妹契約を結んでからは、彼女が前戦姉の理子と仲良くしているのを見て嫉妬の念に駆られたり、水着姿の麒麟を見て「ヒラヒラの服着てなくてもカワイイ」とニヤケ顔になるなど、ライカ本人は否定しているがメロメロ状態である。
しかし麒麟の己に対する過剰な愛情表現には些か辟易しており、同様に志乃に溺愛されているあかりには共感、もとい同情めいた感情を抱いている。

携帯している武器はMagpul MASADA、トンファー、タクティカルナイフ。
髪飾りは非常時にカッターとして使用される。



島 麒麟(しま きりん)- 悠木碧

■戸塚 彩加
東京武偵高校中等部3年所属。専門科目は特殊捜査研究科 (CVR) でランクはC。 語尾に「〜ですの」と付ける上品な言葉遣いの小柄な美少女だが、男性には全く興味がない。2年時は理子と戦姉妹契約を結んでおり、同様に制服をフリルだらけに改造している。「ジョナサン」という名のキリンのぬいぐるみを多数所持・常備していて(判明しているだけでも3体はいる)、中に銃や鈍器を隠している。理子と戦姉妹契約を結んでいた頃に、彼女から中国武術(カンフー)の防御に関する部分だけを教わっている。他にもどこで会得したかは不明だが、第48弾では空蝉の術を披露した。クレープが好物らしく、よく食べている。 理子との戦姉妹の契約が切れて残念がっていたが、気持ちを切り替え「王子様タイプ戦姉」を探すことを決意。その矢先に誘拐事件に遭い、その場に現れ自分を救ってくれたライカに一目惚れし契約を申し込み、勝負を経て戦妹となる。 あかり達のパーティーでは参謀役のポジションにあたり、突飛な発想力で予想だにしない作戦を立てるのが得意。 携帯している武器はレミントン・ダブルデリンジャーとコルト・アナコンダ(威嚇用、ジョナサンの中に隠してある)。



乾 桜(いぬい さくら)

■虜の魔女
東京武偵高校中等部3年所属。専門科目は強襲科でランクはB。他組織(警察)で研修を受けている架橋生(アクロス)。 非常に生真面目かつ勤勉な性格。成績優秀・運動神経抜群・父親は麻布警察署の署長という肩書に加えて、戦闘訓練は無敗・無遅刻無欠席・経歴に負けやミスが一切無い完璧さから、「『何でも持ってる』桜さん」の通称を得ている。 ランク定期外考査の時にあかりと出会い、彼女のそれまでの試験成績の低さから本人を目の前にして「一番弱そう」、更には「Sランク武偵になるための踏み台」と言い放つなど、完全に見下していた。最後の実戦試験ではあかりを圧倒し追い詰めるが、持ち前の根性で逆転したあかりに敗北を喫す。後日あかりが「実戦試験」の名前通り実戦を意識して戦ったことを知り、反面試験官へのアピールに固執し得点稼ぎばかりしていた自分を省みて恥じる。その際にあかりへの評価も「自分にはない何かを『持ってる』」と改め、彼女との戦姉妹契約を申し出た。 法と正義のために戦う女の子5人の戦隊番組「警察戦隊ピーポニャン」の「ピーポレッド」の大ファンで、あかりの努力家な面にピーポレッドの面影を重ねている。 「やがて魔剱のアリスベル ヒロインズ・アソート」の「パンスペルミアの追撃者(チェイサー)」では、彼女らしき人物が登場している。 携帯している武器はニューナンブ、手錠、警棒。



高千穂 麗(たかちほ うらら)- ブリドカットセーラ恵美

■思念(テレパシー)の魔女
東京武偵高校1年C組級長。専門科目は強襲科でランクはA。 CVRに勧誘されたこともある、容姿端麗な美少女。武装弁護士の家系出身(武装検事を父に持つ志乃とは父親同士が裁判所で犬猿の仲)で、右手にはいつも扇子を持って歩いている(武器としても使用)。実家は鳥取で、感情が高ぶると因州弁(鳥取弁)口調になる。 金さえあれば何でもできると考えている高飛車かつサディストな性格で、カルテットで対戦相手になったあかり達を「仲良しごっこ」と小馬鹿にして、しかもカルテット当日には握手しようとしたあかりの手を閉じた扇で叩き払った。しかしそれにより奮起し特訓したあかり達に敗北することになる。以降、あかりの実力を認め彼女と友達になりたいと考えているが、コミュニケーション下手のために難航していた。それでも彼女なりの珍妙なアプローチを経て、遂にあかりから「友達」だと認められる。だが志乃と同様にあかりへの想いが行き過ぎている部分があるため、「友情行為」と称してあかりを押し倒したりするなど、「友情」とはほぼかけ離れた行為に走ることも。色んな意味で似た者同士な志乃とは、あかりを奪い合う良き(?)ライバル同士。ちなみにチビ専。



遠山 金次(とおやま キンジ)- 間島淳司

■未来視の魔女
遠山金四郎景元の子孫。第17巻で閻に源頼光の子孫でもあると言われている。7月生まれ。身長170センチメートル、体重63キログラムのA型。東京武偵高校2年A組所属。専門科目は探偵科でランクはE。チーム「バスカービル」のリーダー(修学旅行II終了後は強制脱退)[注 1]。1年の2学期までは強襲科に所属していたが、後述のことから、3学期(1月)から探偵科に転科している。東京武偵高校第三男子寮の4人部屋に1人暮らし。戦妹は風魔陽菜。理子付けのあだ名は「キーくん」。 武偵高生としては平凡な男子高校生だが、性的に興奮すると普段の30倍まで能力が向上する「ヒステリアモード(HSS)」の持ち主。 未完成ながら歴代の遠山一族でも最高の潜在能力を秘めており、アリアを介してその素質の片鱗を示し始める。 強襲科や教務科からは戦闘能力において卓越した才能を持っているとされ、ココの所属する藍幇から勧誘を受けるなど外部組織からも一目置かれている。 またリーダーの素質もあるらしく、レキや教務課の綴梅子からも、潜在的なカリスマ性があると言われている。 超人ランクでは100位以内に入っており、さらにはイ・ウー壊滅や極東戦役での功績から、「哿(エネイブル)」なる二つ名で呼ばれるようになる。 本人はこの呼び名に納得はしていないが、皮肉交じりに自分をこう呼ぶこともある。 魔女連隊から呪いの男(フルヒマン)と呼ばれたり、各国機関からは危険視されたりしている。 物事を武偵の知識で判断している傾向なため、鈍感というよりむしろ常識ずれしているともいえる。 女性との交際については、恋愛に関する常識的なことを知らないため(HSSの発動を避けるために必要以上に女性の心理に関する知識を学習しなかったことや中学時代に菊代を始めとする女子たちにヒステリアモードを利用された経験から、女子と関わることを極力避けてきたこともある影響している)、相手や周囲に誤解をあたえている(または誤解させている)ことに気づいていないことも多い。 そのため、その事情を知らない周囲からは「女嫌い」「たらし」「ネクラ」と呼ばれている。 アリアに対しては少なからず好意を抱いており、アリアをロンドンに帰したくないと思っている。 アリアに近い体格や体型の女性の方がヒステリアモードになりやすくなっている。 アリアが緋緋神に乗っ取られた際も「俺のアリア」と呼んだり、ハワード王子に対してもはっきりと嫉妬心を見せており、アリアの方もはっきりキンジへの好意を見せるほど関係が進み、ハワードすらも身を引くほどでもう恋人関係と呼んでいい仲になっている。 かつては正義の味方に憧れて武偵を志し、入学試験の際も強襲科を志願し合格。 武偵だった兄を船舶沈没事故で亡くし、かつ世間では事故を防げなかった兄の責任にされたことで現実の無常さを覚え、武偵という存在に失望する。 なお現在探偵科であるのはこの兄の事故が切っ掛けである[注 8]。そのことから、できるだけ早く転校しようと考えている。 そんな時、高校2年に進級する始業式の日に、「武偵殺し」事件のチャリジャックに巻き込まれアリアと出会う。 「武偵殺し」事件で色々なことが判明したため、転校は一旦白紙とし、アリアのパートナーになることを決意する。



夾竹桃(きょうちくとう)- 堀江由衣

■過去視の魔女
理子の手引きによりジャンヌと共に武偵校に潜入していた「イ・ウー」の刺客。「魔宮の蠍」の異名を持つ猛毒使い。本名かどうかは不明だが、「鈴木桃子」という名前が判明している。千葉県出身。専門科は鑑識科。 セーラー服を普段着としている。日本人形の様に切り揃えられた黒髪を持つ、クールな雰囲気の美少女に見えるが、実年齢は24歳で東京大学薬学部卒。愛煙家らしく、煙管を愛用している(あかりには「喉の薬」と嘘をついている)。実は百合が好み(本人の信条から、実際に女性と関係を持ったことはない)で、「クリスチーネ桃子」というペンネームで自ら同人誌を執筆し、同期である理子やジャンヌにも手伝わせることがある。ホテル「LAST DANCE」の403号室に住んでいる。 「この世に自分の知らない毒が存在することが許せない」と公言するほどの毒使い。そのためには手段を選ばず、毒を他人に投与しては新たな毒の製法を強請り取るという行為を繰り返しており、風魔一族からも使用者でなければ解毒困難な猛毒「符丁毒」を奪っている。 間宮から奪った秘伝書から「鷹捲」を毒の一種と推測し、2年前にののかに打ち込んだ符丁毒の解毒を条件に「鷹捲」を得るべくあかりをイ・ウーに引き込もうと追い詰めるが、志乃を傷つけたことで怒ったあかりの鷹捲を喰らい敗北。求めていた物が毒でないことを身をもって知り、逮捕された。その後は夏コミへの参加を条件に司法取引を成立させ(AA4巻の巻末4コマより)、年齢を詐称しあかりのクラスメイトとして武偵校に編入している。あかりたちのことはネタ元として密かにつけ回しており、その過程で第三者の暗躍などを知ると本人たちに警告している。 武器はワイヤー、M134[7]、媚薬・弛緩毒・酸などの毒を中心とした薬剤。左手の爪にそれぞれ異なる毒を仕込んでいて、普段は手袋で隠している。更に体内に83種の毒を持っており、意図的に毒や薬の成分を分泌させて舌に滲ませられる。



間宮 ののか(まみや ののか)- 水瀬いのり

■透明の魔女
あかりの2歳下の妹で、中学生。ドジな姉を支えるしっかり者。志乃から密かに気に入られている。 2年前にイ・ウー特戦隊の襲撃を受けた際に夾竹桃から符丁毒を打ち込まれており、「武偵殺し」によるバスジャックが起きたその日に毒が発症し視力を失ってしまうが、あかりに逮捕された夾竹桃が解毒法を自白したお陰で回復した。



諸星 きらり(もろぼし きらり)- 松嵜麗

■記憶操作と魔女探知の魔女
年齢:17歳 / 身長:182 cm→186.2 cm / 体重:60 kg→61.5 kg / スリーサイズ:B91→92/W64→65/H86→87 / 誕生日:9月1日 / 星座:乙女座 / 血液型:O型 / 利き手:右 / 出身地:東京 / 趣味:かわいい物集め 2014年11月現在、登場しているアイドルの中では最長身、最重量であり、身長・体重は当初は182cm・60kgだったが、新しいカードが出る度に成長している。一人称は「きらりん」。「にょわー」「○○だにぃ」「しゅごい(すごい)」「うれすぃ(嬉しい)」といった特徴的な喋り方をする。笑い声は「うぇへへ」。常に可愛いらしい服装をしており明るく非常にハイテンションな性格をしている。実は幼少の頃から自分の高身長や性格などにより周りと違うことに対しての悩みがありアイドルになれると思わなかったことを明かしている。その圧倒的な身長のためか怪力の持ち主でもある。自室は「きらりんルーム」と呼んでおり部屋中にかわいい物のグッズで埋め尽くされている。双葉杏とは同年齢で誕生日が一日違いながら正反対な性格ながらきらりが一方的に杏を可愛がっていた。現在では非常に仲が良く友情を深めている。また、きらりんルームには「ANZU」と書かれた部屋がある。本人は秘密にしていたが後に中に双葉杏が閉じ込められていたことが判明した。
「CINDERELLA PROJECT」に選ばれた14人の内の一人。杏を一方的に可愛がっており常に抱えている。喋り方に特徴があるが、他のメンバーを心配したり、初ステージを成功させた卯月達に真っ先に祝福の言葉をかけたりと仲間思いな性格。みりあ・莉嘉と『凸レーション』としてユニットデビュー。



三村 かな子(みむら かなこ)- 大坪由佳

■74層のボス
年齢:17歳 / 身長:153 cm / 体重:52 kg / スリーサイズ:B90/W65/H89 / 誕生日:1月6日 / 星座:山羊座 / 血液型:O型 / 利き手:右 / 出身地:東京 / 趣味:お菓子作り お菓子作りが得意で時折、ケーキやクッキーを作ってプロデューサーなどに振る舞っている。ぽっちゃり系(しかし、BMI計算では標準体型)。漫画『ロッキングガール』のメインキャラクターの一人。ノーマルの特訓後の衣装は「ピンクドットバルーン」。
「CINDERELLA PROJECT」に選ばれた14人の内の一人。毎日お菓子を作って仲間に振る舞っている。トレーナーに体型維持をするよう言われている。双葉杏・緒方智絵里とのユニット『CANDY ISLAND』として活動。



多田 李衣菜(ただ りいな)- 青木瑠璃子

■記憶操作と魔女探知の魔女
年齢:17歳 / 身長:182 cm→186.2 cm / 体重:60 kg→61.5 kg / スリーサイズ:B91→92/W64→65/H86→87 / 誕生日:9月1日 / 星座:乙女座 / 血液型:O型 / 利き手:右 / 出身地:東京 / 趣味:かわいい物集め 2014年11月現在、登場しているアイドルの中では最長身、最重量であり、身長・体重は当初は182cm・60kgだったが、新しいカードが出る度に成長している。一人称は「きらりん」。「にょわー」「○○だにぃ」「しゅごい(すごい)」「うれすぃ(嬉しい)」といった特徴的な喋り方をする。笑い声は「うぇへへ」。常に可愛いらしい服装をしており明るく非常にハイテンションな性格をしている。実は幼少の頃から自分の高身長や性格などにより周りと違うことに対しての悩みがありアイドルになれると思わなかったことを明かしている。その圧倒的な身長のためか怪力の持ち主でもある。自室は「きらりんルーム」と呼んでおり部屋中にかわいい物のグッズで埋め尽くされている。双葉杏とは同年齢で誕生日が一日違いながら正反対な性格ながらきらりが一方的に杏を可愛がっていた。現在では非常に仲が良く友情を深めている。また、きらりんルームには「ANZU」と書かれた部屋がある。本人は秘密にしていたが後に中に双葉杏が閉じ込められていたことが判明した。
「CINDERELLA PROJECT」に選ばれた14人の内の一人。杏を一方的に可愛がっており常に抱えている。喋り方に特徴があるが、他のメンバーを心配したり、初ステージを成功させた卯月達に真っ先に祝福の言葉をかけたりと仲間思いな性格。みりあ・莉嘉と『凸レーション』としてユニットデビュー。



赤城 みりあ(あかぎ みりあ)- 黒沢ともよ

■記憶操作と魔女探知の魔女
年齢:11歳 / 身長:140 cm / 体重:36 kg / スリーサイズ:B75/W55/H78 / 誕生日:4月14日 / 星座:牡羊座 / 血液型:AB型 / 利き手:左 / 出身地:東京 / 趣味:おしゃべり 髪型はショートのツーサイドアップ。0歳の妹がいる。社交的で明るく、好奇心旺盛な性格。日野茜からも「自分に負けないくらい元気」と言われている。プロデューサーには普段は敬語で話しているが興奮したりするとタメ口になる。また台詞の語尾には「☆」「♪」「!」が付くことが多い。
「CINDERELLA PROJECT」に選ばれた14人の内の一人でプロジェクトの中では最年少。年の近い莉嘉と仲が良い。きらり・莉嘉と『凸レーション』としてユニットデビュー。蘭子の言葉をそのまま理解できる唯一の人物。



PR


PR


映画情報

女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


PR


フィギュア情報


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
黒猫 ・・なわけがないver.



PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

PR


【Amazon.co.jp限定】けいおん! Blu-ray BOX